小さな光でも目立つ

 

電子工作部として初めて作ったキットは、

 

白色LEDを単3乾電池1本で光らせるキットでした。

 

 

それからの活動も

キット作ったり、

Arduinoをいじったり、

勉強してみたり、

ビール飲んだり、

話したり

 

 

言うことは派手だけど、

あまり派手なことはやってはおらず、

毎日のようにラボの片隅でコツコツギャーギャーと活動するだけでした。

 

 

講義をうけたり、

ハンダ付けしたり、

Makeに出したり、

 

あまりかっこいい姿ではないけれど、一つ一つ形にすることで、

理解者が少しずつ増えていきました。

 

 

我々の活動は本当に小さなLEDのような光しか放っていません。

それでも光を堅実に灯しつづけることで、ちゃんと光っていることを認めてもらうことができました。

 

 

Hey Visitor!

Twitter